SERVICE

1.美腸エイジング
美腸エイジング(腸もみ)は、Belle Luna イチオシの押しのメニューです。腸は第二の脳とも言われる大事な臓器。腸のキレイは体のキレイに繋がります。

カウンセリング・聴診・打診に基づいて、お客様個人の体調に合わせた力加減を調整。約12種類のハンド技術を盛り込んだ優しいトリートメントにより、小腸と大腸に溜まった老廃物の排出をサポートします。腸年齢・腸タイプチェックをもとに、継続的なケアと生活習慣改善のアドバイスを提供します。

 2.リンパケア

リンパとは、体にとって大切な「免疫」と「排泄」を司る非常に重要な器官です。

Belle Lunaではデコルテから、上肢、下肢、腰、背中、足先まで全身のリンパをオールハンドで流します。

頭の先からつま先まで全身をくまなく走り、不要な老廃物や水分を回収する「排泄機能」だけではなく、私達の身体をウィルスや病原菌から守る「免疫機能」を担うリンパ。

60〜70%は水分で構成されている私達の身体。その体液をスムーズに循環させ、老廃物を排出することにより細胞1つ1つの活性化を促し、健やかな身体と心をサポートします。

BelleLunaでは、適切な圧で解剖生理学に基づいたリンパ管の走行に合わせたケアを行います。

腸の大切な5つの機能


Point① 栄養を吸収・エネルギーに変換

小腸には栄養を吸収する長さ約1㎜の絨毛が約500万あり、全体の表面積は約200㎡になります。

(約テニスコート1面分)

健康な腸であれば、私たちが食べ、消化された栄養や水分が無駄なく吸収され、身体の生命エネルギーとなります。

Point② 「第2の脳」と呼ばれる賢い器官

腸は「最大の末梢神経組織」と呼ばれ、首から下の神経の50%以上が集まる器官です。

さらに体中の小さな血管の55%が集まる「最大の微小血管系」を含有しており、免疫、神経、血管が多く集まっています。

腸は単なる管ではなく「第2の脳」と呼ばれるほど、非常に重要な役割を持つ賢い器官なのです。


Point③ 幸せホルモン「セロトニン」生産

代謝アップや、ボディラインの整えや保持をしてくれたり、幸福感を感じるなどの精神を安定させてくれたりする作用も持つ「セロトニン」。セロトニンは小腸で体内総生産量の約95%が生成されています。セロトニンをたくさん分泌し、内側から健康的に輝くハッピーオーラを持つためにも、腸を健康にしておくことが不可欠です。

Point④ デトックス機能

私たちが食べた食べ物は、小腸で栄養吸収され、身体に不要なものが大腸で便として形成され、体外へ排出されます。

身体にたまった毒素は、約75%が便として排泄され、約20%は尿、3%は汗、2%は髪の毛や爪として排泄されます。

デトックスするには、お通じの状態をよくすることが美と健康の近道です。

Point⑤ 免疫機能

私たちが知らない間に、口から細菌やウイルスなどの病原体が入っています。

病原体から身体を守ってくれているのが腸です。免疫細胞全体の約7割が腸内に待機していて、侵入してくる敵と戦っています。

免疫細胞を活性化し、免疫力をアップするためにも、腸を大切にする必要性があります。

美腸で期待できる4つの作用


1.ダイエット作用

腸に老廃物が溜まっていると水分を溜めやすく、代謝が悪くなります。溜まった老廃物を排泄する事で、腹部の大きな血管とリンパの流れが良くなるため、代謝の良い、痩せやすいボディ作りが期待出来ます。


2. 便秘解消作用

腸の機能がアップすると、便秘解消が期待できます。下剤に頼ったり、運動や食事の管理を意識しているのに効果が薄いという方。腸が本来の機能を取り戻せば、自然なお通じが期待できます。


3.美肌作用

長時間、老廃物が腸内に貯留することにより腸壁から有害物質が血液中に再吸収され、肌荒れや冷え性を引き起こします。

腸内環境を整え、老廃物を排泄することにより、全身の血液が綺麗になり美肌作りも期待出来ます。


4. 心身の疲れに癒し作用

腸が元気になることで、※セロトニンが生成分泌され、心のバランスが図れます。

その結果、不眠症や精神的な疲れを和らげる効果が期待できます。

※セロトニンとは
ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシトシンとともに『幸せホルモン』とも呼ばれます。セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

リンパの大切な2つの機能


Point① 排泄機能

血管のように全身に張り巡らされているリンパ管の中を、リンパ液が流れています。

リンパ液は毛細血管から滲み出た血液の一部で、細胞が排出した老廃物などを運ぶという大切な働きをしており、その老廃物はリンパ節でろ過(浄化)されます。心臓から勢い良く送り出された血液が栄養や酸素を運び、老廃物や二酸化炭素は静脈に取り込まれて心臓まで戻って来るのですが、静脈に収まりきらない不要な水分、老廃物、疲労物質をリンパが回収して運ぶ「下水道」のような排泄機能を果たしています。

Point② 免疫機能

「免疫力」とは体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力のことを言います。

リンパ管を流れるリンパ液には、ウィルスや細菌などを攻撃し、体を病気から守る働きを持つリンパ球が多く存在しています。リンパ管の節目になるリンパ節が、フィルターの役割を果たし、老廃物や細菌を濾過。体内にウィルスや細菌が侵入するのを防ぎ病気にならないよう生体防御機能を担っています。

リンパを流す意味


1.デトックス作用

リンパ管は非常に細く、中を流れるリンパ液の速度も遅いため、運動不足で筋肉への刺激が少なかったり、乱れた食生活やストレスで老廃物が溜まると、すぐに渋滞してしまい、浮腫み・肥満・セルライトなどに繋がります。

また、リンパ管は重力の影響を受けやすく、足や指先など心臓から遠い部分にリンパ液が溜まり易くなります。

リンパの流れを促進し必要以上に貯留した水分や老廃物などの排泄をスムーズにすることにより、浮腫みを解消するだけではなく、ボディラインの引き締め効果なども期待出来ます。

2.病気に強く、疲れにくいカラダ作り

免疫細胞はリンパ液の中に多く分布しており、体の外から進入してくる細菌やウィルスなどの外敵に備えています。

しかし、リンパの流れが滞っていると、免疫を担うリンパ球の働きも鈍り、外敵が侵入してきた際にスムーズに戦うことが出来ず、病原菌に対する抵抗力が低下します。

リンパの流れが良くなると、疲労物質などの老廃物排出もスムーズに進むだけではなく、リンパ球の働きが活性化し、免疫力アップに繋がります。

「病気に強く、疲れにくいカラダ作り」の鍵を握るのは、全身を巡るリンパの流れです。

3.自律神経やホルモンバランスを整える

私達の身体は、相反する「交感神経」と「副交感神経」のバランスにより生命維持されています。

仕事や人間関係のストレス、睡眠不足、パソコンやスマホの影響で交感神経が優位になりがちな現代社会。

リンパケアにより、心身共にリラックスする事で副交感神経を優位にし、自律神経のバランスを整えます。

また、ホルモンバランスと自律神経は密接な関係にあるため、自律神経のバランスを整えることは、美と健康を司るホルモンバランスを整えることに繋がります。